社会福祉法人県央福祉会は、新潟県三条市を中心に福祉サービスを事業運営しています。

おおじまの里からのお知らせ

平成29年度 第1回意見交換会の報告

6月17日(土)の午後よりひだまりにて『 平成29年度 第1回意見交換会 』を開催しました。入居者様15名とご家族様17名、理事長と職員10名の計43名が参加し、6グループに分かれて行いました。

    IMG_2174   IMG_2220

まず最初に、平成28年度事業報告と平成29年度事業計画について説明しました。次に、昨年度に実施した入居者様・ご家族様満足度調査結果の報告を行いました。「しっかりとした理念、基本方針に基づいた具体的で細かい計画だ」「色々な行事を計画してくださり、感謝しています」 といった嬉しいお言葉をいただきました。

そして、入居者様やご家族様に毎回好評なスライドショーを行いました。入居者様の日頃の様子を収めた写真を見てもらい、皆様自然と笑顔がこぼれていました。「写真を通して年間行事を見ることができて良かった」といった感想や「写真がもっと多い方が良い」「参加人数が分かるともっと良いかな」といった意見もいただきました。

     IMG_2204   IMG_2190

最後に、6グループに分かれて意見交換を行いました。入居者様からは「ご飯を出してもらったり、洗濯をしてもらったり色んなサービスをしてもらい極楽だ」と嬉しい感想や「もっと外出に行きたい」「天気の良い日には散歩に出たい」等の要望が多く寄せられました。ご家族様からは「入居してから生き生きしているようで嬉しい」「たたみ物や食事の盛り付け等の役割をもらってから、一段と元気になりました」との声が聞かれました。また、「一つの事故の裏にはたくさんの事故になりうる事例が隠されているので、事故になりうる前に予測して対応してほしい」との意見もいただきました。

このようなたくさんの貴重な意見を生かし、今後もより良い施設作りを目指して日々取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。

 

 

このページの先頭へ